ヘルニアの患者様の体験

喜びの声

実際に当院に通い体験された方の生の声をお読みください。

ヘルニア、背中の痛み、不眠症/周りにも体操を教えて健康に

 

ふしみ整体院(現:一乗寺整体院由)に通いはじめて約1年が経とうとしています。はじめは寝ているときに背中が痛く、ゆっくり寝ることができませんでした。でも通院して2,3か月すると痛みは少しずつ和らぎ半年するとほとんどでなくなり、約1年近く経つ今では痛みがあった事を忘れるくらいです。特別な治療を受けたわけではありません。ハピトレに出会い、実践して自分で治すことができました。今では寝ることが好きになっています。そして改めて通院してからの変化を考えてみると3つのことが想い浮かびます。

1.痛みを自分で和らげることができた
2. 日々の行動や考え方を見直すきっかけができた
3. 周りの人に自分の経験を体操で伝えることができた特に3番目は一番びっくりしています。自分だけでなく、周りの人も楽しく生活できればと思っています。

脊髄側弯症 頸椎後湾症 ヘルニアの治療 整形外科で手術と言われた事例

 

脊髄に側弯があり整体に興味を以前から持っていた57歳の男性です。通院する1年ほど前から日に日に右腕が強く痛みむようになり、このままでは仕事に支障が出そうなのでふしみ整体院(現:一乗寺整体院由)を受診することにしました。整体といえばボキボキのイメージでしたが、自分の身体の使い方で治療していく整体方法でした。治療を進めるたびに新しい体操(身体の使い方)が増えていきましたが、毎日かかさず適当(いやにならない程度)に体操を続けています。 通院しはじめてから4か月半、最初の2か月は痛みが右腕から背中首筋や左腕の激痛と、弱いところをいろいろと移動しましたが、今では痛みもなくなり骨盤もほぼ水平、左肩下がりも目立たなくなったように自分なりに思っています。整形外科に受診したときに頸椎後弯症で骨が変形しヘルニアがありもっと痛みがひどくなれば手術するしかないと言われていた現状を先生に相談しながら治療を進めています。 治療の中で身体の力を抜くように、筋肉で動くのではなく骨で動くなど指導を受けていますが、これがなかなかむつかしくうまくいきません。気長に実践しようと思っています。20代、30代の若者に勝つことはできませんが、負けないように頑張っても大丈夫のようです。これが東洋医学の真髄なのでしょうか?

由ブログより

ヘルニアに関する記事

ヘルニア・腰痛に関する疑問にお答えする記事を掲載しています。

ヘルニアに筋トレが効果的?

病院を受診するとき、筋肉が弱っているなどの理由で筋トレを勧められることがあるようですね。今回は、そんな筋トレとヘルニアの関係について書いてみたいと思います。(続きを読むにはタイトルをクリック)

その痛み、ヘルニアが原因?

きつい腰痛や坐骨神経痛があって、ヘルニアがあったとしても、実はヘルニア自体が原因ではないことが多くあります。これはちゃんと勉強している治療家の中では、ずいぶん前から当たり前の話です。(続きを読むには、タイトルをクリック)

ヘルニアの手術は根本改善?

飛び出したヘルニアを手術で切除する… 根本的に改善したのであれば、この先症状は出ないはずです。残念ながら、いずれまた症状は出てくる場合も多くあります。(続きを読むには、タイトルをクリック)

ヘルニアの対処法:手術療法、保存療法、根本改善

椎間板ヘルニアとは
ヘルニアとは、脱出する(飛び出す)という意味です。有名なのは、お臍が出る臍ヘルニア(でべそ)や、腸が出る鼠径ヘルニアなでがあります。骨の骨と骨の間にある椎間板の中の髄核が飛び出た状態を椎間板ヘルニアといいます。(続きを読むには、タイトルをクリック)