ヘルニアに筋トレが効果的?

ヘルニアの症状によって痛みやシビれで悩んでいる方に、「筋トレをして筋肉をつけていった方がいいですか?」とよく聞かれます。 病院を受診するとき、筋肉が弱っているなどの理由で筋トレを勧められることがあるようですね。今回は、そんな筋トレとヘルニアの関係について書いてみたいと思います。

ヘルニア ≠ 筋肉が少ない!?足りないのは筋肉の収縮

まず、ヘルニアになる方は、確かに患部周辺の筋肉が弱っているというのは確かです。ただ弱っていると言うのは、筋肉の量が減っているという訳ではありません。 では、どう弱っているんでしょうか?筋肉を使って力を出すには、筋肉の伸び縮みがしっかりできていることが大切で、伸縮力が大きいと力がしっかりと出せるのです。ヘルニアになる方は、この伸縮性が弱まり、筋肉が正しく働かない状態になっています。簡単にいうと、筋肉が固まっているのです。 そして、筋肉が固まることで、椎間板が圧迫され、軟骨が飛び出してヘルニアになります。病院のリハビリでのけん引治療などは、この固まった筋肉を伸ばして椎間板を広げようとしてるんですね。 なので、結論として、筋肉が減って弱っている訳ではないので「筋トレの必要は全くありません。」

 

筋トレがかえって不調につながることも

そもそも筋トレは、力を入れて筋肉を縮めるという動作です。筋肉に負荷をかけることによって一度、筋肉を疲労させます。それを回復させることで筋肉の量が増えていくという考えです。考え方は間違っていない部分もあるのですが、この疲労をしっかりと回復させることが難しいのです。疲労が抜けきらないまま筋トレを続けてしまうと、筋肉の量は増えても、固い、不健康な体になってしまいます。スポーツ選手も間違った筋トレで、筋肉が固くなり、体のバランスを崩し、故障している人が多くいらっしゃいます。今のアスリートは、ほとんどの方が何処かを故障しながら続けているというのが現状です。「ライオンやチーターが筋トレをしますか?」というのは、イチローの言葉ですが、まさにその通りだと思います。イチローも昔は最新のトレーニングとしていろんな筋トレメニューを取り入れてらっしゃったそうです。しかしパフォーマンスが落ちるのに気がづき、筋トレを辞めたようです。 ヘルニアで痛みやシビれがある方で、頑張って筋トレをしている方は、 少し注意が必要かもしれません。