慢性的な腰痛の原因と、身体の使い方。

腰というのは読んで字のごとく身体の要になるところです。

 

どんな動きをするにも必ず使う大切なところです。

 

 

この要になる大切な腰ってどこか分かりますか?

 

一般的に腰と言われるところは、腰の背骨(腰椎)くびれのところです。

 

 

腰椎と名前が付いているくらいだから、ほとんどの人がそこが腰と思っています。

 

これは西洋の解剖学が定義付けた名前です。

 

 

腰痛を持っている人は必ず、腰椎を身体の要にして動かしています。

 

腰椎を要にして身体を使うという事は、身体を曲げる時にお腹から曲げてしまいます。

 

 

物をっとたり、立ち座り、お辞儀などの動きの時、背中が丸くなって動きます。

 

年配の方がよっこいしょと座る身体の形ですね。

 

ほとんどの方は、このような身体の使い方になっています。

 

 

しかし、本来の正しい身体の動きは、前に曲げるときは、背骨は反ってきます。

 

 

「折り目正しい」という言葉があります。

 

態度がきちんとしているさま、礼儀作法にかなっているさま、という意味です。

 

 

この「折り目」とは骨盤のところのに有る股関節になります。

 

本来の機能的に身体の要になるのは、股関節を含めた骨盤になってきます。

 

昔の日本は腰というと骨盤のことを指していました。

 

 

現代人はこの骨盤を動かすのが苦手です。

 

身体の要(中心)である骨盤が固まると、身体の軸崩れ筋肉が

身体に力みが入ってしまいます。

 

その状態で動かなければならないので、身体に過剰な負担がかかってきます。

 

 

股関節から折り曲げると礼儀作法でするような、背骨が丸くならない

キレイな形になります。

 

ちょっといいお店などでは、こういった正しいお辞儀の仕方を見かけます。

 

高級なホテルやデパートなどでは、お客さんに接する時に失礼のないように

正しいお辞儀の仕方をしっかりと教えられます。

 

 

昔は正しい言葉遣いをしないと相手に失礼にあたるように

正しい身体使いで接しないと相手に失礼にあたっていました。

 

でも今は皆が同じように背中がを丸くしてお辞儀をするので、

ほとんどの方は違和感を覚えません。

 

 

毎日の生活の中で腰はどんな動きをする時も使います。

 

どんな時でも使う使い方が間違っていたら、痛めて当たり前です。

 

 

いくら治療をして貰ってその場が楽になっても

間違った身体の折り方をしていたら必ずまた痛めてしまいます。

 

逆に正しい折り目から使えると、見た目も綺麗で

人からも良い印象を持ってもらえます。

 

もちろん腰を痛めることもありません。

 

 

腰を据える、本腰を入れる、腰を落ち着ける、腰が引ける、など

腰が入った言葉がたくさんあります。

 

それほど腰は身体の大切なところなのです。

 

これらの腰は骨盤のことを指しています。

 

 

言葉にもあるように、腰が正しくシッカリしていないと、

精神面にも影響が出てきます。

 

折り目正しい身体の使い方で、身体も心も元気に過ごして行きましょう。

自律神経失調症、統合失調症、うつ病は心、脳が原因?

ストレス社会と言われる現代、心が疲れてしまっている方は

多いのでのではないでしょうか。

 

社会の中で生きていると大変なことも沢山あります。

 

 

それでも頑張って疲れ切ってしまい、自分ではどうしようも出来なくなって、

心療内科などでお世話になる方が多くおられます。

 

今は心療内科の受診者数は100万人を軽く超えています。

 

 

なかなか完全に元気な状態になっていくという方が少ないので

受診される方は増える一方です。

 

 

少し良くなっても、また悪くなってきたりと、不安定な状態が

続いてしまう方が多いように思います。

 

心療内科に通われている方は、皆さん心が疲れて行かれるので、

その心をどうにかしたい、元気にしたいと思われます。

 

病院では、それらの症状を、脳や心の面からケアしていきます。

 

 

しかし、心と身体は一体です。

 

心や脳やの治療だけでは、なかなか根本的な改善は難しくなってきます。

 

 

誰でも経験んがあると思いますが、身体 の調子が悪いと

心も落ち込んでるものです。

 

風邪を引いてしんどい時に、心だけ元気という人はいません。

 

 

心のケアや、脳の治療をしても身体を改善してあげないと

また身体から気持ちがシンドイ方に引っ張られてしまいます。

 

 

心や脳も身体の中にあるものです。

 

ましてや心は形として存在しません。

 

その心だけを変えていこうとすると非常にエネルギーがかかります。

 

 

脳や心の疾患を抱えている方は、必ず身体の不調もあります。

 

身体が歪み、筋肉が緊張すると、自律神経の働きが悪くなります。

 

肩周りが固まると、肺が伸縮できずに呼吸が浅くなり

取り込む酸素量が少なくなってきます。

 

脳にも血液が正しくは運べなくなるので、脳の疲労や脳内ホルモンの

バランスも悪くなってきます。

 

 

身体が不調になるという事は、生命力が弱ってくるという事です。

 

そうなると脳は、不安や心配といった感情を生んできます。

 

 

私のところにも、うつ病や自律神経失調症、統合失調症などを抱えた方は

たくさん来られます。

 

その中で、正しい姿勢で身体は元気だという、うつ病の人を

私は今まで見たことありません。

 

 

逆に、猫背で身体が固まって、うつむき加減の人が、前向きに元気を

出そうとしても難しくなってきます。

 

 

何度も言いますが、身体と心は一体です。

 

そうした身体の習慣が、心の習慣になっていくのです。

 

 

なかなか症状が改善しないという方は、身体を改善してみてください。

 

身体が元気だと、心も元気になってきますよ。

 

 

正しい寝姿勢とは?

「寝ている時の姿勢って仰向けの方がいいんですよね?」とよく聞かれます。

 

確かに、仰向けが身体のバランス的には1番いいです。

 

 

しかし、ずっと仰向けで寝てるというのは良くありません。

 

睡眠には寝返りが必要になってきます。

 

寝返りは、人が本来持っている体の矯正能力です。

 

ずっと同じ姿勢で寝ていると身体は固まって、

寝ても疲れが取れてなかったりします。

 

 

人は重力のある地球で生活していると必ず歪みが出ます。

 

その歪みを寝返りをうって横向きになったり、うつ伏せになってりし

身体の重みで筋肉や関節を伸ばして歪みを矯正していきます。

 

 

子供は、まだ体が出来上がってないのでよく歪みが出ます。

 

しかし矯正能力が高いので、たくさん寝返りをうって

次の日には良い状態にもっていきます。

 

 

症状を持っている人の多くは、身体が固まって

上手く寝返りがうてなくなっています。

 

なので、その日の歪みや疲れが取れずに次の日まで残ってしまいます。

 

それを繰り返して症状へと繋がっていきます。

 

 

起きている時に身体の緊張や歪みやがキツイと寝ていても

その緊張は残ったしまいます。

 

仰向けがバランス的にはいいと言っても、無理に仰向けで寝ようとして

身体が緊張していて寝ずらかったら意味がありません。

 

 

身体がリラックスできてちゃんと寝返りがうてる事が大切です。

 

なので、どの寝姿勢がいいとか悪いとかは一概には言えません。

 

仰向けも必要だし、横向きも必要 、人によってはうつ伏せも必要です。

 

 

人それぞれ身体の使い方が違うので歪み方も違います。

 

同じ人でも日によって歪み方は変わってきます。

 

 

「その日、その人が1番楽な姿勢」がその人にとって正しい寝姿勢です。

 

 

ちなみに究極に身体がユルんでいる身体なら寝返りは必要ありません。

 

なかなかそんな人はいませんけどね…

睡眠時無呼吸症候群、イビキの改善の仕方。

気づいていない方も含めると、寝ている時に呼吸が止まっている

いびきをかく、呼吸が浅くなっている方は結構おられます。

 

一般的な治療としては、空気を送るマスクを付けて寝る

マウスピースを付けて寝る、時には手術を進められたり

枕や寝具を替えたりといった事がメインになってきます。

 

 

これらに共通するのが、寝ている時の身体をどうにかしようとしている点です。

 

しかし、寝ている時は無意識になります。

 

無意識の時のクセは、意識のある起きている時の状態が出てきます。

 

 

ほとんどの方は自分では気づきませんが、寝ている時にそれらの症状が出る人は、

起きている時にも同じ症状が必ず出ています。

 

寝ている時も、起きている時も同じ一つの身体です。

 

 

呼吸が止まったり、浅くなっていると取り込む酸素量が少なくなってきます。

 

起きてる時に出ると疲れやすい身体になってきます。

 

寝ている時に出ると、疲れが取れにくい身体になってしまいます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は、起きている時の生活に影響を出してしまう事が

大きな問題として言われています。

 

しかし、本当は起きている時の身体の状態が原因で寝ている時に

様々な問題を出しているのです。

 

 

寝ている時にいくら対策をしたとしても根本的な改善にはなりません。

 

起きている時の身体の状態を改善していかないと、

同じような問題が何度も起こってきます。

 

 

起きている時に呼吸が浅くなったり止まったりする原因は

姿勢と身体の使い方が大きく関係してきます。

 

 

肺は自力で伸縮する力を持っていません。

 

肋骨周りの筋肉によって膨らんだり縮んだりします。

 

 

例えば姿勢を思いっきり丸くしてみてください。

 

その状態で呼吸をしようとしても、ちゃんと吸えませんよね。

 

姿勢が崩れると肺を伸縮させる緊張が固まり、呼吸器の気道が狭くなってしまいます。

 

 

本来の呼吸をマックスを100%としたら現代人は10%も出来ていません。

 

起きている時にそういう状態でなので、

当然寝ている時にも同じことが起きってしまいます。

 

 

もう一つは身体の使い方です。

 

身体は間違った使い方すると緊張が入ります。

 

本人はいつもの使い方なので全く気付きませんが…

 

 

身体が緊張すると呼吸が止まります。

 

緊張しながら大事なことをする時、呼吸を止めてたりしますよね。

 

そして終わったらフゥ〜と大きく息をつく。

 

 

誰にでも経験があると思います。

 

身体の使い方が間違っていると、そういう事が1日の中にたくさん出来ます。

 

そのクセが寝ている時にも出てしまうのです。

 

 

肩こりや腰痛といった症状をもってウチに来られる方で、睡眠時の症状も

抱えているいる人は多くおられます。

 

しかし、姿勢や身体の使い方を変えていって、この先症状が出ない身体になると

睡眠時の症状も無くなっています。

 

 

寝ている時の症状だからと言って、寝ている時だけ

どうにかしようとしても対処療法にしかなりません。

 

睡眠時無呼吸症候群や、イビキで悩んでいる方は、まず起きている時の身体を

正しい状態にしてみてください。

 

その結果として、寝ている時の身体も正しい状態になり症状も改善してきます。

 

ギックリ腰は突然悪くなるもの?

先日、知人がギックリ腰で入院しているというのを聞きました。

 

ギックリ腰くらいで入院?と思われるかもしれませんが、

案外よくある話なんです。

 

キツいぎっくり腰だと、全く動けないので救急車で運ばれてそのまま

入院というパターンです。

 

 

ギックリ腰というと突然痛みがやってくるイメージがあると思います。

 

ぎっくり腰になる人は、普段から腰痛の自覚症状がある人もいますが、

中には無い人もいます。

 

自覚症状のない人は、疲労に慣れて感じなくなっているだけです。

 

特に自覚症状が無い人は、突然に痛みがやって来たように思われます。

 

 

しかし、ギックリ腰になるには、前提には慢性的な疲労が必ずあります。

 

疲労が溜まって溜まって、ちょっとしたキッカケで限界を超えた時に

痛みとして出てきます。

 

 

無理をしてなる人もいますが、日常の些細な事がキッカケで

なる人がほとんどです。

 

ぎっくり腰になるまでには、痛みや懲り、ダルさなど身体からの

サインが出ていたはずです。

 

普段からちゃんと身体の声を聞いてケアをしてあげていれば、

まずギックリ腰になる事はありません。

 

 

ギックリ腰になる一つの原因としては、身体の使い方があります。

 

骨盤が後ろに倒れていたり、腕を前に出す動作をした時に

腰の筋肉に緊張が入ってなる事がほとんどです。

 

要は、普段の間違った身体の使い方の積み重ねでなるという事です。

 

 

入院すると周りの事はしてくれるし、痛み止めや湿布で一時的に痛みは

治まるかもしれませんが、根本的な疲労は残ったままです。

 

だから何度も繰り返し、やる度にキツくなる事が多いんです。

 

 

字のごとく腰は身体の要になるところです。

 

要が弱っていると身体の様々な所にも影響を出してしまいます。

 

 

痛みを抱えながら、不安を抱えながら仕事をするのは、

とても精神的なストレスになってきます。

 

腰への負担は、簡単なちょっとした身体の使い方のコツで防げるものです。

 

肝心要の腰、大切にしてあげてくださいね。

椎間板ヘルニアのウソ、ホント。

最近、椎間板ヘルニアのテレビ番組がやっていたというのを

ウチに来られている患者さんから聞きました。

 

ヘルニアが原因だと言われている痛みは、実はヘルニアが原因ではなく

筋肉の緊張が原因だったというような番組だったみたいです。

 

 

ヘルニア治療で有名なお医者さんが、ヘルニアを切除せずに、周りの筋肉に

痛みどめ?麻酔?か何なの注射を打って治すというものです。

 

それで今までの病院でのヘルニアの治療では良くならなかった方が、

痛みが治っていくというような話。

 

キツい腰痛や坐骨神経痛があって、ヘルニアがあったとしても

ヘルニア自体が原因ではないということです。

 

 

これはちゃんと勉強している、治療家の中では、

ずいぶん前から当たり前の話です。

 

しかし未だに、腰痛や坐骨神経痛があって、MRIを撮ってヘルニアがあると

ヘルニアが原因というのが、ほとんどの病院での診断になります。

 

そして痛みがキツくなってきたら手術というパターンになります。

 

 

腰痛がない人を対象に、レントゲン、MRIを撮ったところ

半数位の人に椎間板ヘルニアが有ったという結果もあります。

 

しかし、ヘルニアになっているという事は、歪みや、緊張の緊張が原因に

なっているので良くありません。

 

いずれ症状として出てくる可能性は高いです。

 

 

もちろんヘルニア自体が原因になっている場合もありますが、

筋肉の緊張をやわらげ、骨格を元に戻してあげるとヘルニアも戻っていきます。

 

筋肉の緊張も、痛みがある所だけが原因ではなく、

それに関連する様々な筋肉が原因になってきます。

 

痛い所だけユルめても、一時的に楽になるかもしれませんが、

すぐに痛みが出てきます。

 

注射で筋肉にユルみをつけても、根本的な解決には、全くなりません。

 

 

当たり前ですが、身体は全てが繋がって動くものです。

 

キツく腰が痛いのなら、特に腰への負担が強いだけで

その他のところも必ず負担がかかっています。

 

全身を正しい状態に持っていってあげたら、結果的に筋肉もユルみ

椎間板への負担も減り、痛みがなくなります。

 

 

手術はしたくない、根本的に良くしたいという方は

一度ご相談ください。

 

 

笑う門には健康きたる(^∇^)

笑う門には福来たる、という言葉があります。

 

笑ってるといい事がやってくるという意味ですが、

そのいい事には健康も含まれています。

 

 

笑いが心や身体に良い影響を出すというのは、科学的にも実証され

お多くの人が知っていると思います。

 

 

しかし知っているとのと、実践しているのとでは全く違ってきます。

 

知っていても実践出来てなかったら、知らないのと同じです。

 

 

現代人は姿勢が崩れ、身体は固まっています。

 

それは、表情も同じです。

 

 

姿勢が崩れると、おヘソを中心に縮まってきます。

 

そうすると表情の筋肉も下に引っ張られて、口角が下がってきてしまいます。

 

 

表情はユルんでいると、口角が上がった表情になります。

 

表情は、心や身体に大きな影響を与えます。

 

疲れた顔、固まった表情をしていると、脳が心や身体を

疲れた状態に持っていこうとします。

 

 

逆に、笑顔でいると心や身体を元気に持って行ってくれます。

 

笑顔というのは、筋肉で作るものです。

 

筋肉なので自分の意思で動かすことができます。

 

人は楽しくなくても、筋肉で笑顔を作ることが出来るようになっています。

 

楽しいから笑うのでは、笑ってる時間って結構少ないものです。

 

笑顔でいると楽しく感じられることが増えてくるものです。

 

声に出して笑うことによって、鼻のとおりが良くなり、たくさんの酸素が

身体の中にも入ってくれます。

 

また笑顔をつくる筋肉を使うことで、不安や緊張を抑える

脳内ホルモンがたくさんの作られるようになります。

 

 

楽しい時に笑うというのは、誰でも出来ることです。

 

でもそれ以外の時は、ほとんどの人が無表情になってしまっています。

 

 

疲れている人は、疲れている見た目や表情をしています。

 

健康で元気な人は、元気な表情をしています。

 

 

表情も筋肉なのでクセがついてしまいます。

 

どうせクセをつけるなら笑顔の方が良いですよね。

仕事が身体を壊す?

仕事で身体を悪くしてしまった方から、相談を受けることがよくあります。

 

重たいものを持つ仕事で腰を痛めてしまった…

 

ずっとデスクワークで肩こりや目の疲れがツラい…

 

立ち仕事で、足がむくんで痛い…

 

 

「この仕事を辞めない限り治らないんでしょうね…」と言われたり、

思っている方が結構おられます。

 

仕事で悪くなった身体は、仕事を辞めないと治らないんでしょうか?

 

結論からいうと、やめる必要は全くありません。

 

 

その仕事のせいで、身体が悪くなっているのだったら、同じ仕事を

している人は、皆、同じ症状が出ているはずです。

 

でも、そうではありませんよね。

 

 

どんなにハードな仕事でも、症状もなく元気な人もいます。

 

逆に、何も身体に負担のかかる事をしていない方でも

色々な症状で悩んでいる方もおられます。

 

もちろん、仕事柄での身体の使い方によって

負担のかかりやすくなる身体の箇所はあります。

 

 

どんな仕事であっても、それをする姿勢や身体の使い方が大切になってきます。

 

間違った姿勢、身体の使い方をしていると、本来の何倍もの負担が

身体にかかってしまいます。

 

いつもの使い方だから、本人は間違った使い方、身体に負担がかかっていると

という事は気づきません。

 

 

間違った使い方を続けていると、身体が緊張し、睡眠の質も悪くなり

疲れがどんどん溜まっていきます。

 

疲れが溜まり続けると、いずれ症状として出てきてしまいます。

 

 

好きでやっている人も、そうでない人も、仕事はお金を稼いで、

自分が楽しく幸せに生活する為の一つの方法です。

 

その仕事で、身体を壊していたら、本来の目的と全く逆になってしまいます。

中には、身体を壊して仕事を辞めてしまう方もおられます。

 

頑張って仕事して、それで身体を壊しても、誰も褒めてくれません。

 

 

人生の時間は、誰もが限られているものです。

 

仕事で疲れきって、いつもグッタリなんて、勿体ないです。

 

 

どんな仕事でも、正しい姿勢、正しい身体の使い方ができれば

身体への負担は大きく減ってきます。

 

それでも溜まった疲れは、正しい自己ケアをして、

その日の睡眠でしっかり取れるようにする。

 

 

その日の疲れを、ちゃんとその日の睡眠で取れていたら

身体が疲れていると、どんな仕事でも効率も悪くなるし、

楽しく無くなってきます。

 

 

でも、身体が元気だと、仕事が嫌いな人なら、少しはマシになるでしょう(笑)

 

仕事が好きな人なら、もっと楽しくできるはずです。