ばね指になる原因、間違った身体の使い方。

ばね指は、指の腱や腱鞘が炎症を起こした状態をいいます。

 

さらにキツくなると腱が引っかかりバネ現象が起こります。

 

 

ばね指とまではいかないにしても、ちゃんとに手を握れない

握ると痛い、開けないといった人は結構いるんじゃないでしょうか。

 

 

ばね指の原因は腱の炎症ですが、その炎症を起こす原因は

身体の使い方にあります。

 

 

身体は中心から動かしていくのが理想です。

 

分かりやすく言えばコマの動きと同じです。

 

真ん中を軽く回せば、全体が回ってくれますよね。

でも、外側を回そうと思ったらた大変です。

 

かなり頑張らないと回ってくれません。

 

 

身体も同じで、体幹部の中心が使えないと身体の外側をばかりを

使わないといけないので負担が大きくなります。

 

手先は身体の中心から最も遠い部位になります。

 

体幹部を使わずに、手先小手先(肘から先)ばかりを使ってたら

どんな動作をするにも余計な負担がかかってしまいます。

 

そういった悪い癖をが身についてしまうと、いずれ炎症を起こして

症状が出てきてしまいます。

 

 

また、指にもそれぞれ役割があるんです。

 

力を入れる時はこの指、細かい動きをする時はこの指といった

それぞれに適した役割がちゃんとあります。

 

それを間違って使っていると指への負担が大きくなります。

 

 

カバンを持つ、洗い物をする、雑巾をしぼる、スマホを触るといった

日常の当たり前の動きの中には原因があります。

 

その日常の当たり前の動きを少し気をつけるだけでも

身体への負担は大きく減ってきます。

 

 

ばね指がひどくなったら手術しかないと言われたりしますが、

全く大丈夫です。

 

もし手術をしても間違った使い方が身についてたら

同じような症状がまた出てくるだけです。

 

緊張を緩めて、正しい使い方を身につけていけば

必ず良くなってきますよ。

 

 

階段の上り下りの時、膝が痛くなる原因。

ある程度の年齢になってくると、かなりの割合の方が

膝に何らかの疾患を抱えてきます。

 

日常の生活をするのに歩くことは欠かせません。

 

トイレに行く、洗濯物をする、スーパーに買い物に行く、どんな事を

するにも歩かなければいけません。

 

 

膝に痛みがあると当たり前の日常生活がとても大変になります。

 

それだけで精神的にも大きなストレスになってしまいます。

 

 

膝に痛みがでる大きい原因に、身体の重心のズレがあります。

 

本来のは、踵側に乗ってくるのが正しい重心ですが、

膝に痛みを抱える方のほとんどは、つま先に重心がかかっています。

 

つま先側に重心がかかると、足の前側に負担がきます。

そうすると前側の太ももに過剰な負担がかかってしまいます。

 

太ももの筋肉は膝の下まで繋がっているので、筋肉に負担がかかり

緊張すると膝の関節を圧迫してきます。

 

 

そような状態で歩いていると、常に膝に負担をかけていることになります。

 

何年も何十年もそのような悪い癖を続けているうちに軟骨もすり減り

痛みも出てきてしまいます。

 

 

注射やサプリメント、飲み薬で一時的に痛みが和らいでも

間違った重心が直らないと根本的な解決にはなりません。

 

 

特に階段の上り下りの時は、余計に足の前側に負担がかかる為

より痛みが出るという方が多くなります。

 

 

また関節部分は筋肉が少ないので、今の寒い時期なんかは

冷えて痛みが出やすくなってきます。

 

もちろん冷やさないようにすることも大切ですが、

サポーターなどで覆ってしまうと圧迫で血流が悪くなり長い目でみると

逆に膝を悪くすることにもなりまねません。

 

 

正しい重心が身につくと、膝に負担がかかず動くたびに血流が促され

寒くても平気になってきてくれます。

 

 

何にも頼らず、生涯自分の足で楽しく生活できるよう

ぜひ正しい重心を身につけてくださいね。