言葉と体と不調の繋がり。 京都市 左京区 一乗寺 整体院

ウチの院では、「生涯にわたって心も体も健康で元気に過ごせる為に。」というのを前提にしています。
.

その為にいくつか大切にしている事があり、その一つに「言葉」です。
.

.

昔の日本人は言葉をとても大切にしてきました。
.

「言霊」といって言葉には魂が宿っていて、大きな力があると考えられていました。
.
.

誰もが経験してると思いますが、言葉一つで、簡単に人も傷つけられるし、自分自身も傷つけられることがてきます。
.

逆に、言葉によって人や自分を元気にすることもできてしまいます。
.

それほど人とって、言葉は大きな影響を与えます。
.
.

例えば、小さい頃から、蔑まれるような言葉を、たくさん言われてきたら、自信のない忍耐力のつかない人になりやすくなります。
.

でも、たくさん褒めて認めてあげる言葉をかけてもらえると、自信がついて軸のある人になりやすくなります。
.
.

人が言った言葉も、自分が出した言葉も、言葉は繰り返して使うと簡単にマインドをコントロールできてしまいます。
.
.

その言葉の使い方を間違うと、肩こりや、腰痛、頭痛といった症状から、体の不調や病気にもつながってきます。
.

特に慢性的に何かしらの症状を抱えている人は、体が不調になる「言葉のクセ」があります。
.

「はぁ〜疲れた。」「あ〜しんど。」「痛い。痛い。」気づかないうちに口癖になってしまうことがあります。
.

慢性的な肩こりの方なら、「あ〜肩がこる。」「肩が痛い。」「昔から肩こりがキツくてね。」
と肩凝りをつくる言葉グセがあります。
.
.

脳は出した言葉に対して理論的に働こうとします。
.

例えば、「痛い。」と言葉にだすと体のどこが痛いのか、痛いところを脳が探してしまいます。
.

痛みがなければ、痛みを作るように働いてしまいます。
.
.

「暑い暑い言うから余計に暑くなるねん。」って、よく言いますよね。
.

隣で人がずっと「暑いわ〜、暑っついわ〜!」て言われたら暑苦しくなりますね。
.

隣でずっと「あ〜疲れた。あ〜しんど!」って、言われた続けたら、疲れてきますよね。
.
.

逆に、感情になくても「楽しいなぁ〜」と言葉にだすと、何が楽しいのか?楽しいところに目を向けて、楽しさを作ろうと脳が働いてくれます。
.

環境任せで、周りの環境にばかりに左右されてるとすごく疲れてしまいます。
.

自分の意志で言葉を使って、自分を(脳を)コントロールしていけるようになってます。
.

昔の日本人は体の感覚が高く、言葉の力を体で「実感」できたからこそ、言葉を大切にしてきたんだと思います。
.
.

口に出してスッキリする事もあるし、感情をムリに抑えようとする必要はないんですが、自分や周りの人が疲れてしまう、口グセにならないように気をつけたいですね。
.
.

僕は人に「元気ですか?」と聞かれたら、いつもどんな時でも「おかげさまで、絶好調です!」と答えるようにしてます。
.

なぜなら、いつも絶好調でいたいからです。
.

「ここが痛い。あそこがツラい。」と言って人に心配をかけても、不調は無くなってくれません。
.
.

自分が元気になる、周りの人が元気になる言葉グセを、僕も心がけていきたいですね。

iPhoneから送信

ラジオ体操って体に良い? 京都市 左京区 一乗寺 整体院

子供の頃から親しまれてきたラジオ体操。
.

.

僕も夏休みになったら朝から町内のラジオ体操に参加してハンコを押してもらってました。
.

たしかハンコが集まると何か景品が貰えるのを楽しみに毎日行ってたような気がします。
.
.

ほとんどの人が学校でも生徒皆でやってたんじゃないでしょうか。
.

日本を代表する国民的な体操ですね。
.

今でも音楽が流れたら何となく出来てしまう人も多いんじゃないですか?
.

子供の頃から繰り返しやってきた事って体で覚えるんですね。
.
.

ウチの院でも、この先もずっと健康な体にするために施術だけに頼らず自分で体を整える体操を教えています。
.

なので皆さん、体操といったらラジオ体操のイメージが強いのか「ラジオ体操も体にいいんですか?」とよく聞かれます。
.
.

皆さんは、どう思いますか?
.

少し前にメディアなどで、ラジオ体操はやっぱり体に良いと言われ、見直されてちょっとブームになってたみたいです。
.

今でもテレビでラジオ体操第〜っていう番組やってるんでしょうね。
.

会社の朝礼や地域のかつどうでやったり、テレビを見ながら日課にしてる人もいるかもしれません。
.
.

体操をしたり体を動かす習慣をつける、自分で自分の健康を守ろうとすることは、ほんとに大切だし素晴らしいです。
.

だからこそ、すごく勿体無いなぁ〜と思ってしまいます。
.
.

ラジオ体操は体幹部を固めて、手先足先いわゆる小手先の使い方を覚えてしまいます。
.

日常の生活で活かせるような、体の動きもほとんど入っていません。
.

ラジオ体操で体を壊すことはありませんが、そういう動きを体で覚えてしまうと、日常生活での体の使い方は下手くそになり、凝りをつくってしまいます。
.
.

ちゃんとユルんだ体で感覚が良くなってくると、ラジオ体操をすると体が固まるのが体感で感じられます。
.

ただ、もともと固い人は、多少固まっても気づけないし、運動不足の人はとりあえず体を動かせば、その時は気持ち良く感じられてしまいます。
.

ほんとに最近、ほんの一部ですがメディアでもラジオ体操は、あまり体には良くないと言われてきたみたいです。
.
.
肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、膝痛、アレルギーなど、何にも体に不調を持ってない人の方が少ないこの世の中、世間に出てる健康情報はちょっと疑ってみるのも必要かもしれません。
.

常識は大多数の意見であって、正解ではないですからね。

iPhoneから送信

四十肩、五十肩の原因は? 京都市 左京区 一乗寺 整体院

四十肩、五十肩で、腕が上がらないくて日常生活がツラい、腕を動かすと激痛が、寝るとうずいて目が覚める…
.

.

腕は毎日の生活でたくさん使わないといけないので、動きが制限されるとツラいですね。
.
.

正式には肩関節周囲炎といいます。
.

ようは肩の周りの筋肉が炎症をおこしてるわけです。
.

ヒドいとは固まりすぎて石灰化している方もいます。
.
.

病院などでは、「できるだけ動かしてください。」や「ムリして動かさないように。」どちらも言われるパターンがあるみたいです。
.
.

どちらがいいんでしょうか?
.

正解は、「正しい使い方で出来るだけ動かしていく。」なんですが、正しく使えてないから五十肩になるので難しいですね。
.

腕を使うというとほとんどの人が小手先(肘から先)の使い方になってしまいます。

.
.
知らない方が多いのですが、腕の付け根は鎖骨になります。
.

鎖骨から肩甲骨にとつながって手先になってきます。
.
.

本来は、腕を使うときは一番メインになる所は鎖骨と肩甲骨です。
.

体幹部と言われところですね。
.

鎖骨、肩甲骨が先に動いて、その力を手先に伝えるというのが正しい使い方です。
.
.

実際に体感すると分かりやすいんですが、文字で書くとややこしいですね…
.
.

なので、肩から先は補助的な筋肉です。
.

四十肩、五十肩になる人は、腕のメインの筋肉を使わずに補助的な筋肉だけで腕を使っています。
.

それを積み重ねていくと疲労がたまって、多くの人が40代、50代くらいで限界がきてしまうんですね。
.
.

老化とか、年齢的なものなどではなく、日常の腕の使い方が良くなかったわけです。
.
.

ただ、こんなこと学校の体育とかでも教えてもらえないし仕方がないですね。
.

むしろ、学校の体育やラジオ体操なんかは、体幹部を固めて、手先、足先をメインに動かす使い方なってしまっています。
.
.

腕が正しく使えるようになると、例えば皿洗いや風呂掃除、掃除機をかけるなどの日常の腕を使うことで肩こりを解消できたりします。
.

いいでしょ?
.

「使って疲れる」から「使ったら楽になる」にできれば家事が嫌いな人も、ずいぶん楽になりますよ。

iPhoneから送信

ギックリ腰になる大きい原因。 京都市 左京区 一乗寺 整体院

寒くなってくると増える症状の一つにギックリ腰があります。
.

一言でギックリ腰といっても人によって症状の重さはそれぞれです。
.

痛いけど何とか動けるレベルから、全く動けずに救急車で運ばれてそのまま入院という方まで。
.
.

どちらにせよつらい症状ですよね。
.
.

ギックリ腰になるキッカケも人それぞれ違ってきます。
.

くしゃみをした時になる人、体をひねった時になる人、物を取ろうとした時になる人、朝起きたらなってたという人もいました。
.

ほとんどの場合、日常の何気ない動作がキッカケになります。
.
.

その中でも特に多いのが、前にかがむ動作で何かを取ろうとした時になるパターンです。
.

すごく重たいものを持ってなる人もいますが、ほとんどはペンを取ろうとして、顔を洗おうとして、お皿を取ろうとしてなど、日常はあまり腰に負担を感じにくい動作でなります。
.
.

前にかがむ動作は1日の中で無意識に何百回、何千回としています。
.

物を取る、ドアを開ける、挨拶をする、椅子に座る、などあらゆる動作で前にかがむ動作は入っています。
.
.

その前にかがむ動作の時、体のどこを使って曲げると思いますか?
.

前にかがむという一つの動作ですが、体の折り曲げる起点の場所は人によって様々です。
.
.

ギックリ腰になってしまう人、慢性的に腰痛を持っている人が、体を折り曲げる起点は腰椎(背骨の下)になります。
.

腰椎を起点に曲げると、背中が丸くなって背面の筋肉が、ムリに伸ばされた状態になります。
.

しかも上半身が前に倒れているので、その重みをムリに伸ばされ状態で支えなくてはなりません。
.
.

それを繰り返していると背面に筋肉がドンドン萎縮して固まってきます。
.

それがちょっとしたキッカケで、限界を超えると筋肉の繊維が、微量ですが断裂してしまいギックリ腰になってしまいます。
.

こうした日常の何気ない動作の積み重ねでなっていくものなんです。
.
.

では、前にかがむ時はどこで曲げていけばいいのか?
.

正解は股関節です。
.
.

股関節から折り曲げていくと、「腰を入れる」という状態になって腰が丸くなりません。
.

すると背面の筋肉にムダな緊張がかからずに筋肉に負担が大きく減ってきます。
.
.

「重たいものを持つ時は意識して腰を入れて持ちます」という方もいますが、その時だけはいいかもしれませんが、根本的な解決には残念ながら全くなりません。
.

なぜなら無意識で前にかがむ動作のほうが圧倒的に多いからです。
.

日常の中で意識して動きを意識できるの限られています。
.

それと、意識して普段と違う動きをしようとすると、必ず緊張が生まれてくるようになります。
.
.

では、どうすればいいのか?
.

現代人はちゃんと股関節を、日常の動きで使えてる人は非常に少ないです。
.

使わないからガチガチに固まってしまっています。
.
.

まずは、固まっている股関節の周りの筋肉をゆユルめてあげることが大切になります。
.

その上で、ホントに簡単にできる、股関節の動きをつける体操をしていきます。
.
.

それを繰り返していくと無意識の前にかがむ動きが勝手に股関節から動くようになってきます。
.

股関節の動きが体に身についてしまうと、その先ギックリ腰もそうですが、腰痛が全く出なくなってきます。
.
.

腰は体の要になってくる大切なところです。
.

正しく股関節を使って、腰痛知らずの快適な体になると日常のストレスも大きく減りますよ。

冷え症を根本的な改善するには? 京都市 左京区 一乗寺 整体院

だいぶ寒くなってきました。


もうすぐ真冬なみの寒さがくるみたいですね。

.

皆さんは寒さ、冷え対策は大丈夫ですか?
.

この時期から冷え性でつらい方や、冷えて肩がこる、膝が痛い、腰痛がつらい、足が痺れる、頭痛がするなど体が冷えることでよりキツく出てくる症状の相談が多くなります。
.
.

冷えで困っている方がよくする対策として、お風呂にゆっくり入ったり、部屋を温かくする、体を温めてくれる食べ物をとる、ヒート○ックや靴下など着込む、コタツにこもる?なとが一般でしょうか。

.
便利な世の中なので、冷え対策のグッズなどたくさん出ているので気軽に物に頼れてしまいます。
.

ただ気をつけて欲しいのは、冷え性や冷えからくる症状を、その時その時を一時的にしのぎたいのか、根本的に改善して今後も冷えで悩むことが無いようにしたいのかで対処の仕方は全く変わってきます。
.
.

一時的にしのぎたいのであれば、便利な冷え対策の物に頼るのでいいと思います。
.

でも根本的に冷え性を改善したいと思ってる方は物に頼りすぎるとより冷えやすい体になるので気をつけてくださいね。
.
.

何かに頼ってばかりで体に熱を作ろうとすると、自分の体の中から熱を生む力が弱くなってしまいます。
.

多くの慢性的に冷え性で悩んでいる方は、何かの物に頼るという対処ばかりになってしまいます。
.
.

根本的に改善するにはそういった便利グッズに全く頼ったらダメということではなく、上手く利用して欲しいんです。
.

頼りすぎると物に依存した弱い体になってしまいます。
.
.

「じゃあ、やっぱり運動した方がいいんですか?」とよく聞かれるんですが、答えはYESでもありNOでもあります。
.

実は運動バリバリされてる男性で冷え症で困っている方は多いんです。
.
.

正解は、「正しい体の使い方でする運動は根本的な改善につながる」です。
.

.

今の一般的な運動の方法は、力を入れて頑張って動かすという方法です。
.

頑張って動かすと一時的に体は温かくなってくれますが、力の入った緊張した体になってしまいます。
.

寒いと肩が上がってこわばりますよね。
.

あれは体の緊張で代謝が悪くなり、より冷える体をつくってしまうんです。
.
.

ではどうすればいいか?
.

まずは、ムダな力みのない「ゆるんだ体」にしていくことが大切になってきます。
.
.

ゆるんだ体って難しそうと思われるんですが、そんなことないんですよ。
.

私はもともと緊張体質やから、冷える体質やからムリかも…と思われている方。
.

そんな体質はないので大丈夫ですよ笑
.
.

自分では気づけない、日常の体の使い方やクセでなっていくだけです。
.

小さい頃からなんです…という方は親のそういった体のクセや使い方を無意識にマネて覚えてしまっているだけなんです。
.
.
体がユルむと中の筋肉、インナーマッスルが働くようになってきます。
.
日常の動きからインナーマッスルが動くように寝れば、、体の中から自分で熱を作っていけるようになれば、冷えでツラい症状で悩むことも無くなってきます。
.

改善したいという気持ちさえあれば、誰でも年齢関係なく体は変えていけるんですよ。
.
.

冷えや症状に負けない快適な「ゆるんだ体」にしたいという方は一乗寺整体院 由 まで気軽に相談してください。
.
iPhoneから送信