椎間板ヘルニアの嘘と本当、その痛みヘルニアが原因?

その痛み、ヘルニアが原因ですか?

最近、椎間板ヘルニアのテレビ番組がやっていたというのを来られている患者さんから聞きました。ヘルニアが原因だと言われている痛みは、実はヘルニアが原因ではなく筋肉の緊張が原因だったというような番組だったみたいです。ヘルニア治療で有名なお医者さんが、ヘルニアを切除せずに、周りの筋肉に痛みどめ?麻酔?か何なの注射を打って治すというものです。それで今までの病院でのヘルニアの治療では良くならなかった方が、痛みが治っていくというような話。

腰痛がない人の中にもヘルニアの人がいる事実

実はキツい腰痛や坐骨神経痛があって、ヘルニアがあったとしてもヘルニア自体が原因ではないということです。これはちゃんと勉強している治療家の中では、ずいぶん前から当たり前の話です。しかし未だに、腰痛や坐骨神経痛があって、MRIを撮ってヘルニアがあるとヘルニアが原因というのが、ほとんどの病院での診断のままです。そして痛みがキツくなってきたら手術というパターンになります。腰痛がない人を対象に、レントゲン、MRIを撮ったところ半数位の人に椎間板ヘルニアが有ったという結果もあります。

ヘルニアの周辺部の筋肉、全身をみることが大切

しかし、ヘルニアになっているという事は、歪みや、緊張の緊張が原因になっているので良くありません。いずれ症状として出てくる可能性は高いです。もちろんヘルニア自体が原因になっている場合もありますが、筋肉の緊張をやわらげ、骨格を元に戻してあげるとヘルニアも正しい状態に戻っていきます。筋肉の緊張も、痛みがある所だけが原因ではなく、それに関連する様々な筋肉が原因になっています。痛い所だけゆるめても、一時的に楽になるかもしれませんが、すぐに痛みが出てきます。注射で筋肉にゆるみをつけても、根本的な解決には、全くなりません。

当たり前ですが、身体は全てがつながって動くものです。腰が痛いのなら、特に腰への負担が強いだけでその他のところも必ず負担がかかっています。全身を正しい状態に持っていってあげることができれば、結果的に筋肉もゆるみ、椎間板への負担も減り、痛みがなくなります。手術はしたくない、根本的に良くしたいという方は一度ご相談ください。


【ヘルニアでお悩みの方におすすめの関連記事】

 

【ヘルニアで通われる患者様の喜びの声】