慢性的な椎間板ヘルニアの手術療法、保存療法、根本改善

椎間板ヘルニアとは

ヘルニアとは、脱出する(飛び出す)という意味です。有名なのは、お臍が出る臍ヘルニア(でべそ)や、腸が出る鼠径ヘルニアなでがあります。背骨の骨と骨の間にある椎間板の中の髄核が飛び出た状態を椎間板ヘルニアといいます。椎間板は、背骨の間のクッションのようなもので背骨をしなやかに動かす役割をしてくれます。背骨の後ろ側には脳と手足をつなぐ神経が通っていて、そこに椎間板が飛び出して圧迫するとシビれや筋力低下を起こします。

椎間板ヘルニアの原因

一般的に言われているのは、環境の要因歪んだ姿勢や「負担のかかる体の使い方」遺伝の要因として「もともとの体質」「骨の形」です。それに加えて「加齢」も関係していると言われています。普通に立ったり座ったりしている状態から、前にかがんでいくと約2、5倍の負荷が椎間板にかかると言われます。そうしたことの繰り返しが椎間板を圧迫していき椎間板ヘルニアに発展していくと考えられています。

一般的な椎間板ヘルニアの治療法

保存療法

保存療法は外科的に体を傷つけずに行う治療で、次のような方法があります。神経ブロック激しい痛みが出ている箇所に、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを抑えます。薬物療法非ステロイド性消炎鎮痛剤薬や筋弛緩剤薬を使って痛みを抑えます理学療法痛みが落ちついて動けるようになると、筋肉の強化のための体操や、器具を使って症状の出てる箇所の牽引などをおこないます

手術療法

保存療法で痛みが治まらない場合や、麻痺のある場合、日常生活に支障があって本人が希望する場合に行われます。背中側から切開し神経を圧迫しているヘルニア塊を外科手術により直接取り除きます。最近では切開が少ない内視鏡による手術や、切開しないレーザーでの手術が主流になってきています。

椎間板ヘルニアを根本的に改善するには?

その根本的な原因を探し改善することが大切です。そして、原因を理解するためには、次の2つのことを知っていただく必要があります。

1.同じ椎間板ヘルニアであっても人によってその原因はさまざまです。
2.多くの場合、痛みがあるところと根本的な原因になっているところは違います。

例えば、

  • 腕の疲労で肩がねじれて姿勢が歪んで、椎間板を圧迫することもあります。
  • 内臓の疲れによって骨格が歪み椎間板を圧迫することもあります。
  • 足のケガが原因で身体のバランスが崩れ椎間板を圧迫することもあります。
  • デスクワークやストレスでの脳の疲労から身体の疲労をつくることもあります。

痛みが出ているところだけにとらわれず、その方が、何が原因となって椎間板に負担がかかっているのかをしっかりと見極めて最善の施術をしていくことが大切です。

また、これら全てに共通するのが、身体の代謝が悪くなっていることです。【血液の流れ】【リンパの流れ】【神経の伝達】【気の流れ】などが滞ることで、栄養が運びにくい疲労を流しにくい体になってしまうのです。そこで、身体をゆるめ、バランスを整え、身体の中の流れをつくることで元の身体に修復していく、それが椎間板ヘルニアの根本改善の1番の近道と言えます。

椎間板ヘルニアでお悩みの方は、一度ご相談ください。

 


【ヘルニアでお悩みの方におすすめの関連記事】

 

【ヘルニアで通われる患者様の喜びの声】