膝の痛みの原因は膝?

中高年の6割が悩む、膝の痛み

街を歩いていると、杖をついている方や、庇いながら不自然な歩き方になっている方をよく見かけます。中高年の方の6割以上の方は、膝痛を持っていると言われています。膝が痛くなると、人が生きていくのに絶対に必要な、歩くことがストレスになってきます。ちょっとした買い物や家事、通勤や階段の上り下りなど膝が痛いと何かと大変になります。膝が痛いと、日常生活の中で一気にストレスが増えてしまいます。仕事を引退して、これから自分のしたいことが出来るという時期に痛みで楽しめないというのはもったい無いですよね。

膝が痛む原因は、膝ではない

病院や接骨院では、膝が痛いと膝に注射をしたり膝をマッサージしたり、サポーターをしたりと、膝に対しての治療をします。しかし、なかなか根本的な改善が出来ないというのが現実です。その一つの理由は、膝が痛いのは結果的に出ているもので、原因が膝にある訳では無いからです。痛い所があると、どうしても痛い所に目がいってしまうのもです。例えば、腰のヘルニアが原因で足がシビれることはよく聞く話です。脳梗塞が原因で、手がシビれたりするものよく聞く話です。でも、シビれるている手や足がだけを治療しても解決になりません。膝の痛みも同じです。

骨盤矯正が、膝のトラブルの約8割に効果がある

膝痛の方の約8割は、膝自体を触らなくても、骨盤を正しい状態にしてあげると良くなります。そこからさらに痛みをもう出さないようにするには、骨盤が歪んでしまう日常生活を変えていくのが大切です。骨盤以外にも、肋骨や、足首なども原因になってきやすいところです。

膝の治療に行っているけど、なかなか根本的に良くならないという方は一度、身体の診方はを変えてみてはどうでしょうか?一生自分の足で歩ける身体にしようと思ったら、膝はとても大切です。