変形性膝関節症、膝に水が溜まる、関節の痛み

多くの人が抱える膝の疾患

膝痛は中高年の6割が抱える問題といわれています。膝の違和感といった軽いものから、水が溜まったり変形や壊死など重度の疾患まで様々です。痛みの出かたも多様で、階段を下りるときなどに出る場合から、何もしていなくても痛くてツラいという方もいらっしゃいます。

歩くという動作は日常生活でとても大切な、基本的な動きの1つです。その歩くことがツラいと、日常の当たり前のことが大きなストレスになってしみます。生涯、自分の足で元気に歩いて過ごしたいと思われている方にとって、膝の健康は欠かせないものと言えるのではないでしょうか。

膝の疾患の根本的な原因

病院や接骨院では、膝が痛いと、膝に集中した治療を行う場合がほとんどです。シップを貼ったり、テーピングを行ったり、マッサージをしたり、電気を当てたり、温めたり、サポーターで保護したり、膝を動かしたりと… そしてこれらの治療で改善が見られない時は、膝の外科的手術を勧められることが多いです。

膝が痛んでるのだから膝を治療するのは当たり前と思われるかもしれません。しかし、膝に出る疾患の根本の原因が、実は別のところにあることも多いということを知っていただきたいと思います。

それが身体の要である「骨盤」です。骨盤が歪むことで、下半身に歪みが生じ、膝の関節に緊張が起こります。その状態で膝を使い続けると、関節が圧迫されて痛みや変形が起こります。体全体の使い方の結果として膝の痛みが出てくるのです。

痛みを根本的に改善するには

まず優先していくことは骨盤を正しい位置に戻してあげることです。身体の要である「腰」とは、この「骨盤」のことを言います。要である骨盤が歪むと体全体に歪みがきます。

また、骨盤に次いで膝に関連する身体の部位が肋骨です。肋骨というと意外に思われる方も多いかと思います。体の中で一番のバネになるところが実は肋骨なのです。肋骨が固まると歩く、止まる、踏ん張るといった日常の動作でかかる負担を軽減してくれるクッション役が機能せず、その負担が膝にきてしまいます。

膝は膝だけで動くものではありません。膝だけを見て治療をしても対処療法にとどまり、根本的な改善を考えたとき、それでは十分とは言えません。体は全てがつながって働いています。骨盤、肋骨をはじめ全身のバランスを見て調整し、緊張をなくしてあげれば根本的な改善につなげることができると考えます。

生涯、自分の足で歩き好きなことを楽しむ!

中高年の方のやりたい事、好きな事の1位は旅行と言われています。ですが、せっかくの旅行も痛みを気にしながらとなると辛く、杖や車いすを使うとなると行先も制限され、楽しさが半減してしまいます。90代のでも100歳の方でも元気に自分の足で生活している方はたくさんいらっしゃいます。人間の構造は、正しく使うと健康な足で生涯を過ごせるように出来ています。ちょっとした姿勢や使い方のコツで誰でも出来ることです。

もし、今あなたが膝に不安を抱えていたなら一度ご相談ください。生涯、元気に使える膝づくりを全力でサポートさせていただきます。