脊柱管狭窄症による腰痛や足のしびれの原因

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨や靭帯が変形することによって神経を圧迫し、その結果、周辺の痛みが出たり、神経の通り道でシビれが出てくる症状のことです。首から腰の背骨の間で、どこでも出る可能性のある症状ですが、1番多いのはおそらく腰ではないでしょうか。腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)といいます。

よくある症状としては、長い時間立ってたり、歩いたりすると腰が重さや痛みが出たり足がシビれてきたりします。しばらく休むと治ってまた動けるという方も多いのですが、放っておいて症状が進むと痛みやシビれがでるペースが短くなったり、休んでも痛みが治りにくくなってきます。どんな体勢でも痛みやシビれが常に出ているという方もいらっしゃいます。

 

脊柱管狭窄症はどんな人がなりやすい?

脊柱管狭窄症の症状がでる原因ですが、一般的に病院や接骨院では、加齢や重たい物を持ったりする腰への負担と言われます。しかし、同じように重たい物を持つような仕事の人も、同じような年齢の人もならない人はなりません。

乗寺整体院では、姿勢が一つの大きな原因だと考えています。そもそも背骨は重力のによる負担を減らすために、ゆるやかなS字の曲がっています。これがバネの役割をして、一箇所に負担がいかないようになっています。姿勢が崩れてくると、このS字のカーブが無くなったり、逆にキツくなり過ぎたりします。そうなると体を支える負担が集中してしまう背骨が出てきます。この状態で体を使い続けると、筋肉の緊張と重力の負担で、背骨やその周りの靭帯が変形してきます。手術で変形部分を取り除いところで、日常の姿勢や使い方のクセで、また再発する可能性がとても高くなります。

当院のアプローチ

正しい体の使い方を覚えて、骨盤を正し、背骨の正しいS字のカーブを作ってあげると今後痛みがでない体にしていくことができます。治療に頼る体にしたくないという方は一度ご相談ください。