脊髄側弯症 頸椎後湾症 ヘルニアの治療 整形外科で手術と言われた事例

井上靖雄さん、男性、 50代、症状:脊髄側弯症、頸椎後湾症、ヘルニア、など 「 これが東洋医学の真髄?」

脊髄に側弯があり整体に興味を以前から持っていた57歳の男性です。通院する1年ほど前から日に日に右腕が強く痛みむようになり、このままでは仕事に支障が出そうなのでふしみ整体院(現:一乗寺整体院由)を受診することにしました。整体といえばボキボキのイメージでしたが、自分の身体の使い方で治療していく整体方法でした。治療を進めるたびに新しい体操(身体の使い方)が増えていきましたが、毎日かかさず適当(いやにならない程度)に体操を続けています。

通院しはじめてから4か月半、最初の2か月は痛みが右腕から背中首筋や左腕の激痛と、弱いところをいろいろと移動しましたが、今では痛みもなくなり骨盤もほぼ水平、左肩下がりも目立たなくなったように自分なりに思っています。整形外科に受診したときに頸椎後弯症で骨が変形しヘルニアがありもっと痛みがひどくなれば手術するしかないと言われていた現状を先生に相談しながら治療を進めています。

治療の中で身体の力を抜くように、筋肉で動くのではなく骨で動くなど指導を受けていますが、これがなかなかむつかしくうまくいきません。気長に実践しようと思っています。20代、30代の若者に勝つことはできませんが、負けないように頑張っても大丈夫のようです。これが東洋医学の真髄なのでしょうか?


【ヘルニアでお悩みの方におすすめの記事】

 

【ヘルニアで通う患者様の喜びの声】