肩、背中のこり、疲れの事例/セルフメンテナンスの大切さを実感

まなみさん、女性、 20代、 症状:肩こり、背中のこり、疲れ 「自分で自分を良くすることが大切なのか身をもって体験した」

私がこちらでお世話になったきっかけは、肩こり、背中こり、なんとも言い表せない体調の悪さ、胸の痛みなどを改善したく、近所だったこともあり、一度どの様なものかと体験のような感覚で行かせていただいたのが始まりです。一回目の施術は、正直戸惑いました。他の整体院の様に先生に施術をしてもらうのではなく、先生に教えていただきながらハピトレというものを練習し、自分で自分自身を良くしていくという内容だったからです。

先生に治してもらうという考えが当たり前になっていましたので、最初の施術後は「他を探そう」とか「次で終わりにしてもらおう」と考えていました。でも、今では予約カードが2枚目突入です。
しばらく怪しさが抜けきれませんでしたが、先生に会って話したり、体操を続けていくうちに徐々に最初は本当に少しずつでしたが体調が良くなってきたのです。自分で自分を良くするという事がどんなに大切なことか身をもって体験することができました。

今では、最初の体調の悪さなど忘れてしまっています。これからも江戸時代の人たちを見習い、さらに元気になっていきたいと思います。先生にはとても感謝しています。ありがとうございます。

 

院長コメント

まなみさん、ありがとうございます。人に治療してもらうのが常識になってしまっている現代で、「自分自身で良くしていきましょう。」って言われたら驚きますよね。しかも、体操もだいぶ変わってますからね。私もちょっと怪しいと思いますもん(笑)でも人に治療してもらって一時的に良くするんじゃなく痛みをつくっている、日常の身体の使い方や、姿勢をハピトレで変えていく。その大切さを分かるだけでなく、実践してどんどん元氣になっていってくれる。そんな、まなみさんを見れて幸せです。ただ、痛みが無いというだけの身体ではなく、江戸時代の人たちのように、しなやかで、美しい、動かすだけで気持ちのいい、身体を目指していきましょう。これからも応援してます!