自律神経の乱れ、過換気症候群、パニック障害の事例

よっちゃんさん、 男性、 20代、 症状:自律神経の乱れ、過換気症候群、パニック障害 「薬に頼りきりだった僕には画期的な方法」

僕は2年半の間ストレス、自律神経の乱れによる過換気症候群とパニック障害に悩まされていました。何度か心療内科や精神科にかかりましたが一向に回復の兆しはみえませんでした。そんなとき、ふしみ整体院(現:一乗寺整体院由)の存在を知り、何もしないよりはいいかぐらいの惰性にも似た気持ちで足を運びました。するとまず最初に先生の歯切れのよい挨拶と満面の笑みが出迎えてくれました。一目でこの先生は信頼していいのかもしれないという気持ちにさせるほどに、あの頃輝いて見えました。

施術法も自分が本来持っている力を利用して体操を利用し治していくという薬に頼りきりだった僕にとってとても画期的な方法でした。

体操の効果はすぐにあらわれ3回目の通院の頃には大分身体もこころも楽になり、今ではこの本来の万全な自分の状態を維持し、さらにそのもう一段階上の実力以上のパフォーマンスができるようになるため段階を伺おうかというところまできています。

施術法も画期的で目からうろこ状態でしたが、僕の場合は精神的な傷である内傷で苦しんでいたため、やはり先生の人柄にひかれた部分が大きかったように思います。先生の言葉で、「君は感性が人よりも強い。いままではその強い感性をマイナスの方向に働かせてしまいそれが身体や心に悪く作用してしまった。でもその感性はかなあらず将来君の大きな武器になる。人の気持ちに立って物事を感じその人の心をくみとってあげることができるからね。」と言われた時、どれほど自分が救われたはかり知れません。

外傷に悩まされている人はもちろん僕みたいに精神的あ悩みを持っている人も一度先生のもとを訪れてみてはいかがでしょうか?

 

院長コメント

よっちゃん、ありがとうございます。えらい褒めてもらって、嬉しくて照れてしまいます。でも、ここまで元氣になったのは、よっちゃん自身のお蔭ですからね。人に頼るばかりの治療をやめたこと。そして、症状を作っている自分自身の身体と向き合って症状を作っている生活習慣(姿勢や身体の使い方)を正してきた結果です。そのコトを自信にもって、これからどんどん前に進んでいきましょうね。応援しています!