\こんなお悩みはありませんか?/

 

 長時間座っていると腰が痛くなる

 腰が痛くて仰向けになれない

 朝起きると腰が固まってる

 子供を抱っこすると腰にくる

 何年も常に腰にハリを感じている

 横になっても腰が疼く

 レントゲンやMRIでは異常がない

 繰り返さない、根本的な改善をしたい

 手術は出来ればしたくない

 

そのお悩み、お任せください!

腰痛の専門家が責任を持って

あなたと向き合います。

 

通われている方の声

 

この先いくらでも良くなる可能性を実感
40代、製造業、女性

ライン作業をするようになってから、指や腰に軽い痛みが出始めて来院しました。

初回にまず感じたのは、痛みの原因が加齢や仕事のせいだというのは自分の思い込みで、正しい身体の使い方をすれば、この先いくらでも良くなるという可能性です。

 

慢性椎間板ヘルニア
20代、学生、女性

初めは、従来の接骨院の施術のイメージとは大きく違うので驚きを感じました。それは、ほぐしてもらうなどの受動的な治療ではなく、自らの身体で感じながら運動する能動的な治療が中心だったからです。

 

産後の骨盤のずれの改善
30代、女性

出産後、骨盤のずれや肩こりで体調が悪く通院をはじめました。

施術していただくたびに身体が楽になり、3ヵ月ほどで症状が改善されました。現在は身体を健康に保ちたいので2週間に一度施術していただいています。

 

長年付き合ってきた椎間板ヘルニア
30代、運転手、男性

今から10年程前、何気に荷物を持ったところ、今まで味わった事のない痛みが腰にはしりました。足の指先までしびれて動くことができず、やっとの思いで病院に行くと、椎間板ヘルニアと言われました。

それからというもの、今まで腰痛と付き合ってきたのですが、通い続けると長年辛かった痛みが日に日にましになり、今では九州から関東に行くのも痛みなしで行けるようになりました。(原文を読む

その他の喜びの声はこちら

 

推薦いただいています

先生の施術をはじめて体験したとき「あっ、すごい!これは全然レベルが違う!」と直感的に感じました。身体への触れ方ひとつとっても、支えるポジションひとつとっても、いかにこちらが不快感がなくリラックスできるか考え尽くされていて、いつのまにか身体を誘導されて動かされています。

 

私はこの治療業界に15年以上身を置き、非常にたくさんの治療家の方々と出会ってきました。もし私が「その中で最も信頼できる治療家は?」と聞かれたら間違いなく笠間 孝治先生の名前をあげるでしょう。

 

通われる方がより健康で楽しく生活できるためにできることは何か?それを追求するという一本の芯を持たれています。良いものは素直に取り入れていく姿勢は、同業者としても尊敬します。

推薦文の全文はこちら

 

はじめまして、一乗寺整体院 由(ゆう)の笠間です。有難いことに、当院に来られる方に「もっと早く来ればよかった」と言っていただいています。

 

当院を選ばれる方の多くは、整形外科や接骨院に通われていました。お話を伺うと、皆さん同じような治療を経験されています。

 

なぜ、これほど整形外科や接骨院など多くの医療機関があるのに、多くの方が腰痛やぎっくり腰を繰り返してしまうのでしょうか?

 

腰痛になると多くの方は、整形外科で受診をしてレントゲンやMRIの検査を受けます。

 

検査の結果、骨や神経に異常がなければ
「痛み止めの薬とシップを出しておきますので様子を見てください。」

痛みが強い場合は、
「腰に注射をしましょう。」
と言われます。

「力仕事だから仕方ないですね。」
「腰に負担をかけないようにしましょう。」
と言われて終わることもあるようです。

 

接骨院でも、腰が痛いと言うと
「腰だけをマッサージして電気をあてて温める」
ということの繰り返し。

 

これが多くの医療機関での腰痛治療の現状です。

 

その時は少し楽になりますが、これでは「根本的に良くならない人が多い」のも仕方ありません。

 

同じ腰痛を抱える方でも、本当にいろんな方がいらっしゃいます。

 

まず、症状の出方は人により様々です。

例えば、

・腰の右側だけ、もしくは左側だけ痛む

・長い時間、座ってると痛くなる

・横になると腰のダルさが出る

・重いものを持つとズキっとくる

・何をしていても張りがある

・寝てても痛みで目が覚める

 

 

 

実際の身体の状態も異なります

例えば、

・股関節の回旋が原因で腰が固まって痛みを出している。

・骨盤の左右のバランスが崩れて腰に痛みを出している。

・肩甲骨の可動域が制限が原因で腰の筋肉に張りを出している。

 

 

こうした症状の違いや身体の状態の違いを考慮せず、「痛いところだけ施術」をしても根本的な改善にはなりません。

 

腰痛がある場合、当院では次のポイントを確認していきます。

 

腰痛の原因を特定するためのポイント

例えば、

・背骨の生理湾曲

・肩甲骨の左右差

・股関節の可動域

・肋骨の柔軟性

・肩関節の回旋

・足関節、膝の歪み

・骨盤の歪み

・内臓の硬さ

・脳の疲労

などがあります。

これらは全て腰の痛みの原因になります。

 

 

では、何故このような歪みや不調が出るのでしょうか?

ほとんどの場合、普段の姿勢や日常の何気ないクセ、身体の使い方などの積み重ねで出ています。

 

腰痛の原因となっている日常動作・姿勢

例えば、

・運動不足や間違った運動

・身体に負担となるストレッチ、身体のケア

・足を組んで座る、横座り

・猫背での座り方

・片足に体重を掛けて立つクセ

・歩き方のクセ

・偏った寝姿勢

・鞄の持ち方

など、本当に些細な日常の動作・姿勢の膨大な積み重ねが体の歪みや張りの原因をつくります。

 

ですが、これはある意味仕方のないことです。

 

なぜなら、私たちは学校で足し算やスポーツは習いますが、「正しい日常動作・動きを習う機会はほとんどない」からです。

「まっすぐ座りなさい」
「姿勢をよくしなさい」

と言われることは多いですが、実際にどうするのかまで教えられる方は少ないのです。そして、頑張って作った良い姿勢・動作は、残念ながら間違えていることも多いのです。

 

しかし、日本には、武士や忍者、飛脚などをはじめとする日本人の高い身体能力、女性のしなやかな美しさに世界中が驚いたと言われているように、日本で独自のはぐくまれてきた高い身体文化があります。

 

 

残念ながら、この身体文化は、生活スタイルの近代化や西洋化により忘れさられてきました。

 

当院では、それらの身体の使い方を現代の生活に無理なく取り入れれる独自の施術・体操を行っています。

 

 

いくら高度な施術技術で一時的に歪みや張りを解消しても、原因があるかぎりまた症状はやってきます。さらに、根本原因をそのままに施術等のみで症状を取ることを続けていると、施術に依存する弱い身体になっていきます。

 

症状の根本原因を特定し、しっかりなくしていくことが大切です。

 

日常動作・姿勢を変えるには一定の期間と努力が必要です。ですが、一度身に付ければ人生を変えるほどの力があります。

 

5年・10年後の健康を考え、最良のご提案とサポートをお約束します。

 

 

 

 

当院での施術の流れ

1.検査・カウンセリング

当院では、まずは、「なぜ腰痛が出ているのか?」を体全体を通して詳しく検査していき、根本の原因を特定していきます。

 

2.施術

その上で、あなたの体の状態に合わせたオーダーメードの施術をします。

症状や身体の状態に合わせ、「効果の高さ」と「身体への負担の少なさ」を基準に施術方法を決めます。1つ1つの施術について説明しながら、全身を丁寧に調整します。

 

 

3.体操・セルフケアのレッスン

施術はもちろんですが、ご自宅に帰られてからのセルフケアを大切にしています。

施術で体を整えても、日常の体を歪ませるクセが無くしていかないと改善までに時間がかかります。それは、施術の時間はあなたの生活の中の短い時間でしかないからです。施術後のセルフケアを大切にすることにより改善までのスピードと大きく変わります。

あなたの体の状態とライフスタイルを考えながら体の習慣を変えるための体操やストレッチを丁寧にお伝えします。

 

 

辛い腰痛が改善せずに悩んでいる方は是非一度、当院にご相談ください。

 

申込み・お問合せはこちら